ブレードとビジューを縫いつけました。




バッグのふちに並べて縫い付けても可愛いと思います。
スタッカブルのお花パーツは一階の入り口横の棚にあります。



チロリアンテープのセットを使ったリメイク。
生成りのトートバッグは日暮里繊維街のお店で販売しています。



ワッペンをフェルトに貼り付け、同じ大きさに切り抜いたもう一枚のフェルトとの間に綿を入れてバッグチャームにしました。


裏はこんな感じです。
タッセルは中に縫込みました。

クリックしていただけるとレシピ開発のはげみになります☆
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ
にほんブログ村

モコモコファーのクラッチバッグ。ファスナー付のポーチと同じ縫い方ですが、こちらはまち無しでまっすぐに縫うだけのカンタンなつくりなので、材料がそろえばすぐに出来上がります。
冬のおめかしのお供に連れていってあげて下さいね。






材料:23.5センチ×13.5センチのファーを2枚(布目に注意して下さい。)
同じサイズの裏地を2枚
※サンプルのファーはかなりしっかりめなので芯はつかっていません。やわらかいファーを使用する場合は芯として、内側にすこし厚めの布を挟むか、裏地をしっかりしたものに替えるなどしてお試しください。

20センチファスナー
飾り用リボン(サンプルは約60センチ弱を使用 リボン部分48センチ+中央部分)

ファーのカットについて

型紙に合わせてカッターでファーの土台だけをカットします。
細かい糸くずが飛びますので、のどやお鼻の弱いかたは、マスクをされたほうが良いです。粘着シートやガムテープを手元に置いておくと、飛び散ったものをすぐに片付けることができます。




表地(布目に注意して下さい)と裏地でファスナーを挟み、端から7mmくらいのところを縫います。もう片方も同様にします。
ミシン針は厚地用で、針目は(後で中に挟まってしまった毛足を針で表に出したいので)大きめにしています。


ファスナーが付きました。

ファーにアイロンをかけると溶けることがありますので、裏地のみアイロンで縫い代を内側に倒します。


中表にして1センチのところをぐるっと縫います。
裏地の底部分12センチ程度縫い残します。
ファーに厚みがあるので、かなり長めに縫い残しています。


裏地の縫い代を割っておきます。
縫い残した部分から表に返します。




裏地底の縫い残し部分を縫い閉じます。
ご自宅用なら縫い代を中に折りこんでミシンで縫ってしまうとラクです。


飾りのリボンを作ります。角を作りたい部分を写真のように縫います。


左右のバランスを見ながら折ります。


真ん中あたりで折り返して上のリボンを作ります。反対側も同様にし、余ったところを切ったら裏側を縫いとめます。


程よい幅に折ったリボンを中央に巻きつけ、縫いとめます。


本体に縫い付けて完成です。

クリックしていただけるとレシピ開発のはげみになります☆
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ
にほんブログ村



カットクロス3枚をはぎあわせてあずま袋に。
約55×50cmのパーニュで作りました。お好みで水玉やチェックなどのほかの柄を混ぜても。

簡単なつくりかたはこちらをご参考下さい。
リンク先は55×50cmのカットクロスをさらに1/4にしていますので縫い方だけを見てくださいね。

クリックしていただけるとレシピ開発のはげみになります☆
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ
にほんブログ村


レースモチーフと小さなボタンをカブトピンに縫いとめてブローチに。


糸と針だけで出来るかんたんなつくりです。
モチーフの裏側にはシールフェルトを貼りました。


クリックしていただけるとレシピ開発のはげみになります☆
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ
にほんブログ村


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

日本ブログ村へ

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM